中古車査定ガイド


走行距離


中古車の査定に走行距離は大きく影響します。 査定額の大きく影響する走行距離の境は、3万キロ、5万キロ、10万キロです。 査定額を出来るだけ落とさずに売るなら5万キロ以内で売ることです。 10万キロを超えるとどんな車でも査定額は大きく下がってしまいます。


中古車査定TOPへ戻る

(C)中古車査定ガイド